トラックボールマウスM570とELECOM M-XT2URBK比較レビュー 

トラックボールM-XT2URBK.M570

マウスは色々使ってきたのですが、一度トラックボールの操作に慣れると他のマウスはどうしても使いづらい。また親指だけでポインタを操作できるので、手の負担が全然違います。

グリップ・操作性なんかもLogicoolのM570が一番お気に入りでしたが今回知人からELECOMのトラックボールマウスM-XT2URBKを譲り受けたのでM570と比較しながらレビューしていきます。

グリップ・フィット感

トラックボールM-XT2URBK.M570

以前、他メーカーのトラックボールを使用した時に、持った時のグリップ感がM570に慣れていたせいか違和感がすごくあり、長時間使用するには耐えきれず。すぐに使用しなくなった事がありました。
ELECOMのM-XT2URBKとM570を比較すると少し小さい気がしましたが、握った感じも特に違和感がなく、個人的には非常にM570に近いグリップ感で、長く使えそう。

アプリと操作性

Logicoolと比較してインターフェイスは古風な感じはありますが、操作に関してはボタンの割り当て、設定のソフトはシンプルで意外と使用しやすい。特にこういう操作が個人的にあまり好きではないのですが、問題なく設定する事が出来ました。

トラックボールM-XT2URBK.M570

入手前から気になっていた上部と右側のボタンはポインタの速度を調整できるスイッチです。このブログで書く前までは一度も使用する事なく、気にも留めていなかたのですが、マウス右クリックの横にある減速ボタンに関しては使うソフトによっては便利な機能、例えばPhotoshopなんかで細かい作業をする際はマウスの微妙な動きが必要。こういった時には非常に便利。

まとめ

トラックボールを長く使用していて、M570からの買い替えでコストを抑えたい方や会社・2台目PC用には非常におすすめ。今回この記事でご紹介したマウスは有線ですがワイヤレスタイプのM-XT3DRBKもあります。

トラックボールM-XT2URBK.M570

M570とM-XT2URBKのトラックボールのサイズ同じなので相互でそのまま使用できます。

Amazon.co.jp: ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 SW-M570 Unifying 5ボタン トラックボールマウス 電池寿命最大18ケ月 国内正規品 1年間無償保証 : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 SW-M570 Unifying 5ボタン トラックボールマウス 電池寿命最大18ケ月 国内正規品 1年間無償保証 : パソコン・周辺機器