初めてのVR選び。Oculus Rift S 設定・体験レビュー

oculus rift s_VR_BOX

今までのVR履歴はスマホをつけて使用するゴーグルタイプやVRではないのですが、SONYのヘッドマウントディスプレイくらいしか体験したことがなかったのですが、今回クライアントさんからの要望でVRを導入する機会がありましたので、設置から操作感のレビューさせていただきます。

この記事はこんな方にオススメ。

  • PCでのVRを検討している方。
  • 初めてVRを購入したいけどどれを選択して良いのかわからない。
  • VRでゲームを体験したい。
  • Youtubeや動画も楽しみたい。

 

Oculus Rift S に決定した経緯。

先にも書かせていただきましたが、私自身もクライアント様も本格的なVRは全く体験をしたことがない状態で、まずはwebで様々なVRの体験記事を参考にし
Oculus Rift Sに決定しました。最初は Oculus Questも候補にしていたのですが、Rift Sと比較するとディスプレイの網目が気になるという事が触れてあったのと、 Questと比較してセンサーの数が多い事。
HTC VIVE は予算的な部分と部屋にセンサーを取り付けしないといけないのでスペース的な余裕もないので、残念。

到着。接続と設定について

oculus rift s_BOX

到着直後の写真ですが、まあまあデカイです。間違ってデスクトップPCでもポチったかと思いました。

oculus rift s VR_BOX内

レビューの中にはチープというコメントがあり少し心配でしたが、思いのほかしっかりした作りで安心しました。他のHTCなどの機種も実物を見た事がありませんので、逆に良かったのかと。

PCとの接続編

oculus rift s_Connecting terminal

接続はDP(ディスプレイポート)USB3.0端子でPCと接続します。
Mini DisplayPortの変換端子も付属してます。

oculus rift s_ Controlers

コントローラーは単三電池で駆動します。電池も付属しています。
蓋は少し強い目にスライドすると外れます。マグネットで止めてあるようですが、操作していて外れる事はまずありませんでした。

PCでの初期設定と体験レビュー

最初接続状態で起動しても、自動インストールではなく、Oculusサイトからソフトをダウンロードする必要があります。
その後、会員登録や初期設定を進めていきます。Facebookのアカウントがあれば初期登録もスムーズだったのかもしれませんが、特にFacebookはする予定もないので、そのままメアドやパスワードを設定し、初期登録を行いました。
なのでフェイスブックしてない方も特に問題はないです。

登録後やっとVRを装着して調整する場面があったのですが、特に何も描写があるわけでないのですが、空間を認識しているセンサーがかなり良好で首を動かしたり体を動かしたりすると、当然ですが表示されている景色が変わるのが印象的でした。首を振って景色が変わるのは当然ですが、首から下のセンサーで体の動きを認識しているので、少し姿勢を下げて見た時なんかもキチッと認識しています。体の動きを。

一通りの設定が終わるとミニゲーム的なものが無料で遊べるのですが、思いの他画質も綺麗で、楽しめます。

コントローラーの操作感も非常に良いです。空間にある物体を掴んだり離したりする動作はレスポンスもよく、本当にその空間にいるかのような体験ができます。

個人的に一番嬉しかった機能はPCのデスクトップの画面を仮想空間にある曲面の大型モニターに表示できる機能がりあり、PC内にストックしてある写真や動画の視聴が可能です。以前SONYのヘッドマウントディスプレイでも体験したことはありましたが、没入感や画質はこちらの方がかなりいいです。装着感は個人差あると思いますが、長時間使用していても特に痛いとか疲れることはなかったのですが、VR酔的なものはありました。

PC接続でのVRを検討されている方の参考になれば幸いです。