シールの剥がし方で効果が高かった3つの方法。ベタベタまで完全に除去。

1.ドライヤーの熱で温めてから剥がしていく。

ドライヤーの熱でシール全体を温める事で、シールの糊が溶けて紙素材のシールでも破れにくく剥がしやすくなります。
表面がビニール系のシールであれば紙の素材のシールよりも簡単・綺麗に剥がす事ができす。

ドライヤーを使用する場合は一定の間隔で剥がし、熱を当てすぎないようにすのがポイント

貼ってる材質が電化製品、プラスチックなどの場合はドライヤーの熱に耐えれず変形したり、電気機器の内部まで熱が伝わって最悪故障してしまうケースがありますので注意が必要です。

2.アルコール系での剥がし方。

消毒用無水エタノール等の方が私が今まで使用してきた中では効果が高いのですが、100円ショップで販売されてあるアルコールでも剥がす事ができます。アルコール系はシール剥がし以外でも掃除に便利なので1本位用意しておいても良いかと思います。

無水エタノールは名前の通り水の含む割合が低くく、アルコール濃度が高いので普通のアルコールで取れにくいシール跡のベタベタを剥がすのに効果が高いです。
匂いもきついので使用する際は必ず換気しましょう。

3.シール剥がしスプレー

3Mシール剥がしスプレー

シールを貼り付けしている上にスプレーを吹きつけ、ヘラで剥がしてやると簡単に、ベタベタまで根こそぎ取れます。私が今まで使用してきた中で一番効果がありました。

10年前にドアのガラスに貼ったクロスなのですが、最初はアルコールでは剥がせず、中性洗剤を全体に塗布し上からさらにラップを張って1日放置しましたが、ベタベタまでは剥がす事ができなく、完全に剥がす事は出来ませんでした。最後に試したのが、3M 強力シール剥がしスプレー。スプレーを噴射して10分後にプラスチックのハケなどで擦ってやるとベタベタまで完全に除去出来ます。

シール剥がしのスプレーは非常に強力ですが、噴射後かなりきつい匂いがします。換気は必ず行いましょう。電子機器に使用する時は必ず電源を切って、内部にスプレーのガスが溜まらないよう注意しましょう。

まとめ

貼っているシールの材質や貼った場所の素材によって剥がす方法を合わせてやれば短時間効率よく剥がす事ができます。
スプレー系はメーカーや種類が色々ありますが、私が試した中では3M 強力シール剥がしスプレー、が特に効果高かったです。
剥がれにくいフックのクッションシールになども短時間で剥がす事ができます。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0039NFBFE/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0039NFBFE&linkCode=as2&tag=coscalife-22&linkId=bf54fc1e9255b5b2aa4ed476b7e5781c